主な動画

ニコニコ動画はYouTubeには及ばないものの、幅広い分野の動画が投稿されており、マイナーバンドのPVや深夜番組などが公開後すぐに投稿されていたり、ネタではないスポーツやCM、科学番組の動画が投稿されていたりと、「動画共有サービス」としての成長を見せている。

膨大な数の動画の中で特定の動画が脚光を浴びることが度々ある。多くは一過性の流行であるが、中には驚異的な人気となるものもあり、例えば2007年2月上旬には、『新・豪血寺一族 -煩悩開放- レッツゴー!陰陽師 PV』『Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム- OP』『あいつこそがテニスの王子様』の、人気上位動画3つの合計で、わずか1晩で30万回再生・10万コメントを超えるような「祭り」状態が続いた。なお、その人気から『レッツゴー!陰陽師』と『魔理沙は大変なものを盗んでいきました』のdwango.jpにおける着うた独占配信が始まり、現在でも広告を掲載している。


ゲーム
稼動当初から、特にRPGやアクションゲームのスーパープレイ動画が人気を集めてきた。スーパープレイとは逆に稚拙なプレイ動画やいわゆるクソゲーのプレイ動画(チーターマンなど)がネタ動画として人気を得ることがあるほか、恋愛ゲーム(「ギャルゲー」「エロゲー」「乙女ゲー」など)のプレイ動画が人気を呼ぶこともあった(『つよきす』『ときめきメモリアル』など)。

『THE IDOLM@STER』のPV風動画も (β) サービス時より人気であり、プレイ画面のほかPVを他の音楽に替えたMADムービーなども大量にアップロードされている。例えばゲームキャラクターの双海亜美が『エージェント夜を往く』中の「溶かし尽して」を舌足らずに「とかちつくちて」と歌うものが (β) で人気を博し、双海亜美は今なお「とかち」の愛称で親しまれている。


音楽、空耳
人気を集める音楽としては、一般的なPVムービーのほか、アニメソングや電波ソングが多く見受けられる。VOCALOIDに様々な音楽を歌わせる動画も人気があり、初音ミクが話題となるきっかけの一つとなった。音楽(原曲やアレンジなど)をメドレー方式で聴かせる作品もみられ、ニコニコ動画で話題となった曲を繋ぎ合せた組曲『ニコニコ動画』は特に人気である。話題となった音楽を投稿者自身が歌ってみたり演奏してみたりした動画も多く、中には一定の人気を集める歌い手もいる。中にはVOCALOIDのオリジナル曲をプロの作曲家が制作したり、またそのオリジナル曲をプロの歌手が歌唱する動画も存在しており(例、halyosy氏やtatsu氏など)、「プロがVOCALOIDを使用して動画を投稿することは宣伝・売名目的ではないのか」という批判をおこなう人物もいる。

また、コメント機能で誰でも気軽にネタが書き込めるため、アニメやゲームなどの音楽(『あいつこそがテニスの王子様』、『Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム- OP』など)や外国曲、海外版アニメ(英語版るろうに剣心の「フタエノキワミ、アッー!」など)など、様々な空耳ネタが作られて人気を博している。

| 動画

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。